京都のIT系学生コミュニティCAMPHOR-に入ったよ

プログラミングって周りにプログラミングできる人がいる方がいいんですよ、って話。

 

自分は生物専攻でシミュレーションを使うからプログラミングをやっているだけなので、周りにプログラミングできる人がほとんどいないんですよ。で、プログラミングについて話したり、一緒にものづくりできる人がいないかなぁとコミュニティを探し始めたのが今年の1月。

 

関西にはコミュニティが幾つかあったんですけど、自分がコミュニティ選びで気にしたのは以下の点。

1. 対面で会える(ネットでしか繋がっていないコミュニティがあった)

2. スキルがあまり問われない(できる人しか集まっていないと行きづらい)

 

以上の条件をCAMPHOR-は満たしていて、なおかつ良いと思ったのは人によって扱う言語が違っていて多様性があったところ。個人的に言語は場面によって使い分けたいので、違う言語やりたくなった時に質問しやすい。あと、入る時にスキルを問わない割に、CAMPHOR-は集まっている人のレベルが本当に高い。

 

プログラミングは自習することと分からないことはまず検索することが前提だとは思うけど、今の自分じゃ解けそうもないこと、検索するとっかかりが分からないことに関しては素直に質問した方が効率はいいはず。近くに聞ける人がいると問題もサクサク解決して開発に対するストレスも軽減される。これがネットだけの繋がりだと、質問して答えが返ってくるラグと検索で答えが見つかる時間は多分同じかそれ以上で、コミュニティに所属するメリットはあんまりない気がする。

 

現状通い始めて3か月以上経ってみて、プログラミングに関して一人で悩む時間も減ったし、たくさんの人から情報をもらえて開発意欲が高まっています。せっかくメンバーになったので、今後はCAMPHOR-の人たちと何か一緒に作りたい。どこかのコミュニティに属すると、継続的にみんなでものづくりがしやすいのも良いところだと思います。皆さんも、近くにコミュニティがあったら一度見学に行ってみるといいかもしれません。